リピートするならギリアイル!

ギリアイル

3日目 ギリアイル

英語ではGili Airと書くのでギリエアとも呼ばれるようです。

ギリアイル
ギリトラワンガンからスピードボートに乗って、ギリメノでも寄港してものの15分くらいでしょうか。

ギリアイル
港から宿は島の真反対の位置でしたので、しばし歩いていきます。

ギリアイル
こんなのんびりした田舎道です。

ギリアイル
途中、建設中のバンガローなど。ギリアイルはローカルスタイルの残して外資の高層ホテルなどがまだまだ参入してないのがいいですね。

ギリアイル
どんどん進んで行きます。

ギリアイル ギリアイル

ギリアイル
到着したのがこちらマッシュルームプールのBegadang Backpackers(ベガダンバックパッカーズ)。

Begadang Backpackers
高床式バンガローのプライベート・ハット。蚊帳にファンもついて電源もあります。

ギリアイル
共同のシャワーやトイレ。

ギリアイル
宿のプールでのんびりしてからビーチの散策へ。

ギリアイル
サンセットで乾杯!

ギリアイル

ギリアイル
日が暮れてからは海沿いを2往復くらいしてレストランを探しました。美味しそうなレストランが沢山軒を並べています。

ギリアイル
ずいぶん迷った結果、今夜はこちらのシーフードレストランに決定!

ギリアイル

ギリアイル
魚を選んで調理して貰います。

ギリアイル ギリアイル ギリアイル

ギリアイル
プライベートハットの夜はすだれを下ろして、こんな感じで眠りにつきます。

ギリアイル
プライベートハットではないドミトリーの方もオープンエア気味で独特です。

4日目 ギリアイル

ギリアイル
朝は朝食が付いていないので、朝食めがけてまた海沿いのレストラン街?を彷徨います。

ギリアイル ギリアイル ギリアイル

ギリアイル
朝食からそのまま長居コースです。

ギリアイル
ランチ後もハンモックに揺られダラダラにも飽きると、

ギリアイル
海風の入る気持ち良さそうなSPAへ!

ギリアイル
その場で受付を済ませ

ギリアイル
2階で気持ちよく全身マッサージもして貰いました。

 ギリアイル

5日目 ギリアイル→ロンボク島

ギリアイル

ギリアイル
何故ここがキノコのバックパッカーなのかは昨夜向かいのBARで聞きました。

ギリアイル
宿を出る前に向かいのBAR併設のレストランで簡単に朝食を頂きました。

ギリアイル

ギリアイル
ギリアイル発、帰りはスピードボートに乗ってロンボク島に戻ろうということで、1人85,000ルピアです。1日に8本運行していて、時間は人が集まり次第という感じでした。

ギリアイル
スピードボートのチケットです。2人で170,000ルピア。

ギリアイル
出発の時間まで港でブラブラしていると、

ギリアイル
こんな素敵なインドネシアの料理教室を発見!

ギリアイル
時間があれば、こういう体験レッスンも受けてみたいです。

ギリアイル
なかなか日本でリアルインドネシア料理を作る機会がないので楽しそうだなと。

ギリアイル
さてスピードボートも出発の時間です。

ギリメノには上陸していませんが、カップルで行くならギリメノかなと。すでに気になるバンガローを見つけたので、次回はそちらの泊まってみたいです。

ギリアイル

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.