カウアイ島でキャンプ場を利用するための許可書申請

カウアイ島キャンプ申請書

ハワイ・カウアイ島にキャンプするにあたり、事前に申請許可を得なければならないということで、申請方法をご紹介します。

今回、カウアイ島は、車では入れない北西の海岸沿いナ・パリ・コーストを目指したかったのですが、パートナーが極度の高所恐怖症で、ナ・パリ・コーストにあるカララウビーチまでの断崖絶壁のトレッキングが難しいということで、ナ・パリ・コーストでのキャンプは諦め、カウアイ島北側のビーチキャンプをすることにしました。

カウアイ島もキャンプ場がいくつかあり(ちゃんと数えれていませんが18箇所程)、申請先がステイトパーク(州立公園)とカウンティパーク(県立公園)の2つに分かれています。簡単に言うと山キャンプがステイト(州立)で、海(ビーチ)キャンプがカウンティ(県立)です。ナ・パリ・コーストを管轄するステイトパーク(州立公園)が、今回は不必要になったので、北側のビーチを管轄しているカウンティパーク(県立公園)の申請方法をご紹介します。

カウアイ島カウンティパーク(県立公園)のキャンプ場申請の仕方

まずカウンティパーク(県立公園)のウェブサイトがこちら(申請書ダウンロードあり)。
Camping Locations On Kauai
海沿いの7箇所のキャンプ場の申請がこちらで可能です。

ずっと下にスクロールしていくとリクエストフォーム(Request Form for All Campers 1.33MB)というのがあり、申請用紙をダウンロードできます。

カウアイ島キャンプ申請書

PDFの申請書をプリントアウトし、必要事項を記入。

補足
日付は1泊の単位の日付で記入です。例)5/1〜5/2にかけての1泊滞在なら、記入する日付は5/1だけです。両日記入してしまうと両日料金が発生してしまいます。
後はパスポートのコピーを人数分用意し、こちらの住所に郵送。
Parks Permit Section
Department of Parks and Recreation
4444 Rice Street, Suite 105
Lihue,HI96766

郵便局でハワイまでの国際郵便料(切手)は110円でした。

インターネットが当たり前に普及している時代、未だに郵送申請には驚かされます。ただ返答はメールでした。もしかしたら申請書スキャンしてメール添付申請でもいけたのかな?と今になって思います。

2018年2月22日に投函して、3月2日にメールで返答がありました。土日含めて7日後です。
カウアイ島キャンプ場申請

で、びっくりするメールの返信内容が、キャンプ場利用料の支払いにMoney OrderCashier’s Checkのワードが出て来るということ。辞書で調べてみると郵便為替(?)や小切手のことのようなのですが、欧米人(欧州)に聞いても、今時小切手で支払うようなことがないと。。。

国外からの旅行者が、アメリカの郵便為替や小切手を持ってるわけないので、到着時にセンターで現金で支払いたい旨のメールを返信しましたが、質問に対して的確な回答が得られなかったので、当日、該当のセンターに行って交渉してこようと思います。最悪、割り増しになりますが当日レンジャーの人(見回りの人・警備員)に直接支払うこともできそうなので、まぁどうにかなるでしょう。既に何人も日本人旅行者が行けてるわけだし。

まだ支払いは済んでいませんが、とりあえず許可は頂きました。

カウアイ島ステイトパーク(州立公園)のウェブサイト

今回は使用していないので、仕方は割愛させて頂きますがステイトパーク(州立公園)のウェブサイトだけ貼っておきます。
ステイトパーク(州立公園)※島がハワイ島がデフォルトになってるのでカウアイ島を選択してください。
https://camping.ehawaii.gov/camping/all,e-search.html
カウアイ島に11箇所のキャンプ場

ナ・パリ・コースト
http://dlnr.hawaii.gov/dsp/parks/kauai/napali-coast-state-wilderness-park/

 

カウアイ島キャンプ申請書

コメントを残す